hanatent's つぶやき

ニートが見る世界

次に進む準備がやっとできたなぁ

ニート生活を始めてはや1年半。

バイトをちょこちょこしたこともあったけど、
ほぼ何もできない低迷期が続いて
どうしようもない不安に取り巻かれて
この混沌からの出口がないんじゃないか
とさえ思った時期を超えてから3カ月。

やぁっと、正常な感覚に安定的に戻ってきたな
と感じられるようになった。


あー、長かった。


今まだ別に進路が決まったわけでも
目標が明確になったわけでもないんだけれど
やっと自分の中での「普通」を無感覚で過ごせるようになった。

次に何かに取り組む準備ができたな。
そう思えるほどには回復してきたと感じる。

それは今、「あんなとき」もあったなって思えているから。

状況的には抜けきっていないのだけれど、
気持ちの面で
「あの時」がもう過去の話になってる。

 

どんなときもあるから
不安や迷いはこれからも対面することはあるだろうけど、
あの時みたいな押し寄せて包み込んでしまうような不安の感じ方は
もうしなくて済みそう。
対処方法もいくつかできたし。

 

 

「経験は宝なり」

 


常に頭の中においている言葉。
自分という一個体を生きるための基本的な装備として
必要不可欠だと感じる要素。
あとは健康。

健康と経験は
お金をはらってでも欲しいもの。


今回は自分で選んでは出来ない(こわくて踏み出せない)経験ができたから
大きな宝物が一つ増えた。そんな感じ。

渦中にいるとわかない感情も
想像だったらできるし
目指す先を設定してしまって
進んじゃえばいいよね。
動き出しさせすれば「今」からは抜け出せる。


「あの時」という地点にいるときに
声をかけてくれたり
気にかけてくれたり
実際に引き上げてくれたり
寄り添ってくれたり
笑わせてくれたり
癒してくれたり
気づかせてくれたり

関わってくれる人たちのおかげで
人として生きていけていることを実感する。

愛ですね。
はい、これ必要不可欠要素の3つ目。
健康、経験、愛。

 


残り何年あるかわからないけど
今だったら
生命活動を終えるとなっても
まぁいい人生だったよねぇって
言えそうな気がしてきたなぁ。