hanatent's つぶやき

ニートが見る世界

人の思い出が自分の宝物になる

自分ではない誰かの思い出に触れられる機会が
とても貴重な経験になっている。


それぞれの物語が
想像を掻き立ててくれる。

さも自分がその人の目をかりて
その世界を見ているかのような気持ちになる。

大事な包みを開けるかのようにしみじみと話されると
聞いているこちらも
「懐かしさ」という穏やかで安らかな感情に
身を任せてしまった。


知れることが嬉しい。
またひとつ、知らないことが知れて
思考に広がりができた気がするなぁ。

本も同じような立ち位置の時があるけれど、
自分ではない誰かの話は
経験していないことや
自分の人生では経験できなかったであろうこと、
自分が見えていなかった視点に
触れる機会を与えてくれる。
経験は宝なり。

違う国、違う世界、違った思考。
いろんな考え方に触れたいなぁ。