hanatent's つぶやき

ニートが見る世界

やりたい と やろうとする は 別次元

こっちだってやりたいけど

時間がないからできないんだよ。

 

って言ってる人がいた。

 

責めているわけでもないし、ただの質問に対しても

自分を守るような言葉になっちゃうのって

きっと心の余裕がないからだろうね。

 

実際自分の願望とは関係のないところに取られる時間が多くて

自分の自由になる時間がないから

イライラもしてるだろうし

これ以上タスクが増えることもご勘弁って感じなんだろうし

「やらなきゃいけないこと」とは思っているから

表現としては一応「やろうと思っている」になってるんだろうな。

 

だけど、はたから見てたら確実に

「やろう」とはしてない。

申し訳ないけど、まったくそれは感じられないし

「諦めていいもの」に分類されているんだと思うんだよね。

さらに言えば「目を背けたいもの」

いや、なんなら「煩わしい」という感情に至ることもあるんじゃないか。

 

それこそ、

そもそもやろうとしてないんだから

できるわけないよね。

ほんとにできないんじゃなくて。

ほんとのところは「やりたくない」にきわめて近いとみた。

 

そんなときこそ

「できないからやって」

がいいよね。周りにお願いしちゃったらよくない?

出来ないならやるよってゆってても

「後でやるから」

とか、不機嫌オーラを全身に纏ってどんどん着ぶくれていく感じとか

けっこう困る。

それならこちらのタスクが増えても

お願いしてもらって感謝される方が何万倍もいいしね。

 

そしてこのモードに突入すると

聞く耳をまっっっったく持たなくなる。

全反射シャットアウト鏡モード。

 

こういう感じになると

周りにいる人はけっこうキツイよね。

しかも仮にキツイって伝えたとしても気が立ってるからね、

「仕方ないでしょ」

「どうせわかんないよこっちの気持ちなんて」

っていう火に油な可能性だって低くない。

 周りがキツイ理由を考える余裕はないでしょうな。

 

良くない。

良くないよーこれは。

 

もし、自分が不機嫌装着モードになった時のために

備忘録としてここに残します。

いやほんと、自分が発してるオーラと言葉は

普段から常に気にかけたほうがいいね。

 

どんなにそう思ったとしても

まずは6秒間深呼吸。

 

口から発する言葉は

相手を責めるような言い方にしちゃだめですな。